About the A League

Aリーグってなに?

投稿日:

Aリーグは、一般社団法人日本オーストラリアンフットボール協会(以下「AFL Japan」という)が主体となり運営し、日本のオーストラリアンフットボールの競技力向上を目指し、参加クラブおよび選手が高いレベルで試合を実施する環境を作る。

 (AFL Japanリーグ規約 第1条第1項より)

 

Aリーグってなに?

  • AFL Japan直轄のローカルリーグ
    Aリーグは、2004年より日本国内で開催されてきたトップリーグの枠組みを受け継いだ、日本オーストラリアンフットボール協会(AFL Japan)が運営する、オーストラリアンフットボールの競技力向上を目指したローカルリーグの名称です。
  • 国内最高峰リーグを目指して
    これまで、日本国内で開催されているオーストラリアンフットボールリーグは、トップリーグ(Aリーグ 2018~)のみでしたが、2018年からは、GOリーグというタイプの異なるリーグが発足し。近い将来、日本各地に様々なローカルリーグが発足するでしょう。Aリーグは、Aリーグこそが国内最高峰のオーストラリアンフットボールリーグだ、と誰もが認めるリーグを目指します。
  • 試合開催の安定を重視
    近くの地域に本拠地を持つクラブでリーグを組むことで試合開催の安定化を図り、プレイヤーの試合機会の損失を低減することで、競技力の向上を目指します。

Aリーグへ参加するには?

  • 初期費用160,000円
    Aリーグへ参加するには、リーグ会費120,000円(年)、リーグ入会金30,000円(入会時のみ)の他、AFL Japan公認クラブ登録費として10,000円(年)をお支払いいただきます。
  • Aリーグクラブの義務
    Aリーグへ参加するクラブには、リーグ運営のための各委員会への人員、また他クラブが行う試合のための運営スタッフやアンパイア人員を供出する義務が生じ、クラブ運営の健全化、競技力の維持、リーグ発展のための責任ある行動が求められます。

リーグの形式は?

  • 2回戦総当たり形式
    リーグ形式は、Aリーグに参加するクラブでのリーグ戦2回戦総当たり形式となります。例えば、5クラブ参加の場合では、参加クラブは他のクラブと2回ずつ対戦、シーズンで8試合を戦います。
  • ポイント制
    Aリーグに参加しているクラブと対戦してポイントを獲得します。獲得できるポイント数は、勝ち「4」、引き分け「2」、負け「0」となります。獲得したポイント数で順位を競います。
  • ファイナルシステム
    リーグ戦の試合を全て終えた時点で、獲得ポイント上位のクラブによるファイナルシリーズ(セミファイナル、グランドファイナル)を行い、優勝クラブを決定します。ファイナル進出クラブ数は、リーグ参加クラブ数に応じて変更されます。

試合のルールは?

  • 9人制・15分×4Q
    試合は、9人制、15分×4Qで行います。
  • 試合へのエントリー人数は12人
    これまでは、試合へのエントリー人数、つまりインターチェンジの人数は無制限としてきましたが、Aリーグではクラブ間競技力の均衡、試合の質の向上という観点から、エントリー人数を12人(インターチェンジ3人)に制限します。
  • AFL Japan試合規定に準拠
    試合人数以外に関しては、AFL Japan試合規定に則って試合を行います。

試合の運営は?

  • リーグによる安定した試合運営
    試合運営スタッフ・アンパイアの手配、会場の手配、試合の記録、試合結果報告など、試合当日の運営は、リーグが責任を持って行います。
  • クラブによる運営協力
    Aリーグクラブは、リーグに設置された各委員会(試合運営委員会・アンパイア委員会等)に人員を供出する義務があり、試合当日の運営は、当該クラブのメンバーを除いた委員会メンバーが中心となって行います。
About the A League

Aリーグの選手登録について

投稿日:

  • Aリーグ公式試合へのエントリー人数
    Aリーグへ参加するクラブの所属プレイヤー人数には制限がありませんが、公式試合にエントリーできるプレイヤー人数は13名(9名+インターチェンジ4名)までとなっています。
  • Aリーグ登録選手名簿
    試合にエントリーされたプレイヤーは「Aリーグ登録選手名簿」に名前が記載されます。
  • 登録選手の変更
    「Aリーグ登録選手名簿」に記載された13名の登録選手の変更は随時受け付けられますが、名簿の更新は毎公式試合の前日24時に行われます。つまり、公式試合の前日までは、前試合の名簿が引き継がれます。
  • GOリーグ試合への出場の制限
    Aリーグ登録選手名簿に名前が記載されているプレイヤーは、GOリーグの公式試合に出場することができません。
About the A League

クラブ提携制度とは?

投稿日:

AFL Japanリーグ規約 第15条〔AリーグクラブとGOリーグクラブの提携〕
(1) Aリーグに所属するクラブは、GOリーグに所属するクラブと提携することができる。
(2) GOリーグに所属するクラブは、Aリーグに所属するクラブと提携することができる。
(3)クラブは2つ以上の提携先クラブを持つことはできない。

GOリーグ試合実施要項 第12条〔試合エントリー選手の人数〕
(2) GOリーグクラブに所属し、提携するAリーグクラブの「Aリーグ登録選手名簿」に名前が記載されていない選手は所属クラブが参加する試合への出場資格が与えられる。
(3) Aリーグクラブに所属し、「Aリーグ登録選手名簿」に名前が記載されていない選手には所属クラブが提携するGOリーグクラブが参加する試合への出場資格が与えられる。

Aリーグ試合実施要項 第9条〔出場資格〕
(2) 試合に出場できる、新規登録選手は3名以内とする。
(3) 試合に出場できる、提携するGOリーグ所属クラブの選手は3名以内とする。ただし、同一クラブの場合はその限りではない。

上記の規約・規程にある通り、AリーグクラブとGOリーグクラブは提携を結ぶことができ、提携先クラブのプレイヤーを、自分のクラブが所属するリーグの試合に出場させることができます。ただし、それには制約があります。

  1. 提携を結ぶことのできる提携先クラブは1クラブまでです。
  2. Aリーグの試合に出場できるGOリーグクラブ所属のプレイヤーは、1試合に1クラブ3名までです。
  3. 「Aリーグ登録選手名簿」に名前が記載されているプレイヤー、つまり、直近のAリーグの試合に出場したプレイヤーは、GOリーグの試合に出場することができません。

ただし、Aリーグ、GOリーグの両方にチームを参加させているクラブ(同一クラブ)は、他リーグの試合へ出場させるプレーヤー数に制限はありません。

About the A League

GOリーグってなに?

投稿日:

GOリーグは、各クラブが主体となり試合を開催、運営し、日本全国におけるクラブの地域活動の活性化、オーストラリアンフットボールを軸としたコミュニティー作りおよびその拡大を目指す。

 (AFL Japanリーグ規約 第1条第1項より)

 

GOリーグってなに?

  • クラブ自主運営型リーグ
    GOリーグは、日本全国のオーストラリアンフットボールクラブが参加できる、クラブ自主運営型オーストラリアンフットボールリーグです。
  • 対戦相手は日本全国に!
    日本各地でGOリーグに参加しているクラブと対戦してポイントを稼ぎ、ポイント数で順位を競います。
  • 日程も会場もクラブが決める!
    試合開催の場所や日程は、対戦するクラブ双方の話し合いで決めます。近くのクラブと試合をするもよし、離れた地域へ観光を兼ねた遠征をするもよし。各クラブの都合に合わせて試合を組むことができます。

新機能!GOリーグ専用SNS『GOソーシャル』

  • 試合結果やスタッツを共有
    クラブメンバーやファンに、GOリーグ専用SNS『GOソーシャル』へ登録していただくことで、試合の開催日程や結果、スタッツなどをウェブサイト上へ即時に反映し、クラブメンバーやファンの間で共有することができます。
  • 日程調整ツールとして
    『GOソーシャル』上で離れた地域のクラブとコミュニケーションを取り、試合の日程を調整することができ、日程が決まればすぐにクラブメンバーやファン、または外部へ向けて簡単に告知することができます。
  • 活動報告ツールとして
    他のSNSと同じように、GOソーシャルにクラブや個人の活動を投稿しアピールすることで、試合のオファーや新たなファンの獲得に繋げることができます。

GOリーグへ参加するには?

  • 初期費用50,000円
    GOリーグへ参加するには、リーグ会費30,000円(年)、入会金10,000円(入会時のみ)の他、AFL Japan公認クラブ登録費として10,000円(年)をお支払いいただきます。
  • 用意するのは、9人・ロゴ・ユニフォーム
    まずはクラブの名前を決めて、9人のプレイヤーを集めてください!ユニフォーム、クラブロゴを作ったらすぐにリーグ登録!

リーグの形式は?

  • ホーム&アウェイ方式による最大1回戦総当たり
    リーグ形式は、GOリーグに参加するクラブでの、ホーム&アウェイ方式による最大1回戦総当たり形式です。
  • 試合数はクラブ次第!
    同じクラブと試合ができるのは、ホームまたはアウェイでの1回のみです。多くのクラブと試合をすればその分ポイントを獲得するチャンスが増えますが、多くの試合を組むことができないクラブは、効率的にポイントを稼ぐことが重要な戦略となります。
  • ポイント制
    GOリーグに参加している日本各地のクラブと対戦してポイントを稼ぎます。獲得できるポイント数は、勝ち「4」、引き分け「2」、負け「0」となります。
  • 遠征ポイント
    上記のポイント以外に、県外へ遠征したクラブは勝ち負けに関係無く、遠征ポイントとしてもれなく1ポイントを獲得できます。
  • 3試合すれば受賞の権利!
    シーズン終了時、3試合以上の試合を行ったクラブの中で、獲得ポイント数により順位を決定します。試合数が3試合に満たないクラブやそのプレイヤーは、ランキングや受賞の対象からは外れてしまうことになります。

試合のルールは?

  • 基本は9人制・15分×4Q
    基本的には9人制、15分×4Q制で行いますが、双方のクラブの合意があった場合に限り、7~11人制での試合が公式試合として認められます。
  • AFL Japan試合規定に準拠
    試合人数以外に関しては、AFL Japan試合規定に則って試合を行います。

試合の運営は?

  • 試合運営はホームクラブが責任を持って!
    試合運営スタッフ・アンパイアの手配、会場の手配、試合の記録、試合結果報告まで、試合当日の運営はホームクラブに責任を持って行っていただきます。
  • グラウンド利用費・スタッフ手当てはAFL Japanが補助
    試合グラウンド利用費、試合運営スタッフ手当ておよびアンパイア手当ては、原則としてAFL Japanから支払われます。
  • 試合での売上は全てクラブに!
    ホームでの試合開催時には、試合会場での物品販売や観戦料の徴収など、当日の試合運営に関する全ての権利はホームクラブに委譲されます。売り上げは全てホームクラブが受け取り、原則としてAFL Japanへの支払いは発生しません。クラブのアイデアでホームでの試合を大いに盛り上げてください!